NEXT 10 YEARS先輩社員の声

開発部 システムエンジニア 山下 和久

―― NOKIOOでの役割は?
開発部の部門責任者として、また1プレイヤーとして制作現場の作業も担当しています。
マネジメント業務としては、予算の計画・立案及び実行、改善。メンバーへの指示出しや工数管理はもちろんですが、いかにすれば制作(開発)しやすい環境を作ることが出来るのか、を意識して取り組んでいます。
プレイヤーとしては、各マネージャー(営業)からの相談に始まり、システム設計・プログラム開発からサーバー構築に至るまで、すべてのプロセスにおいて担当しています。その他、社内インフラ環境の整備など業務は多岐にわたります。
――ノキオで一緒に働きたい人って、どんな人?
物事を柔軟に捉えることが出来て、ついてこられる人、また変化を自ら作り出していける人です。今の世の中は状況の変化が激しい社会情勢であり、去年はこうだった。とか、前はこうだった。、では通用しない場面が多々あります。新しい変化を新鮮、斬新と捉え、変化を自分なりに楽しみ、自らも変化を作り出していける人が良いですね。
―― 働くうえで大切にしていることは?
一言で言えばコミュニケーションです。プログラムは自分の書いた通りに動きます。間違ったことを書けば間違った通りに動きます(文法エラーは除く)。ですが、人間には想いがあり、必ずしも自分の思い描いているものと、相手の想い描いているものが一致しているとは限りません。チームのメンバーが何を想い、何を問題としているのか。アカウントマネージャーが開発部に何を望んでいるのか、さらにクライアントの方々はどのような想いでサービス(サイト制作・運営)を望んでいるのか。聞いたり話あったり、時には議論して、お互いの認識を合わせることで結果的によりよい物を提供出来ると思っています。
―― どんな時に仕事のやりがいや喜びを感じますか?
プログラム制作・サーバー構築・ネットワーク構築。何もない状態から動くところまで立ち上げが出来た時です。プログラムは1文字でも記述ミスがあると動いてくれませんし、前日に動かなかったものが、一晩眠って翌日見直したらミスに気付いて動くようになったことなど些細なことかもしれませんが、喜びは大きいです。また新しいロジックを生み出したときには「俺ってすげー」って自画自賛しちゃいますね。
サーバーやネットワークなども事案によって構築内容が様々なため、ネットや本の知識などではうまく行かないことが多く、試行錯誤もよくあります。その中でやはり結果的に動くものを提供し続けることが出来ている点は単純にうれしいです。
―― 5年後の自分をイメージしてみてください
昔はエンジニアは35歳定年説。など言われていましたが、現在はシニア世代でもバリバリに現場作業をしている人が沢山います。私もその中で一生涯現役でありつづけるために、5年後もプログラム開発をしていると思います。最近はAIなどの技術も発達してきているので、プログラムを組むAIというものを作っていたいですね。またIT人材の不足といわれる状況でもあるので、若手の育成にも力を入れ、よりこの業界が活性化していくように、新しい取り組みをして行きたいと思っています。