NEXT 10 YEARS先輩社員の声

クラウドビジネスユニット/アカウントマネージャー 大桑匡稀

―― NOKIOOでの役割は?
クラウドソリューションの立ち上げメンバーとして、提案活動から設計・導入までを担当しています。
具体的には、提案や設計用の資料作成のほか、技術検証、顧客訪問といった内容がメインになります。
元々前職である東京のベンダー企業ではインフラエンジニアとして活動していたので、そこから培ったノウハウを生かして、最近では、NOKIOOのサービス企画や講師としてセミナー登壇もしています。
――ノキオで一緒に働きたい人って、どんな人?
気配りのできる人がいいです。というのも、私の業務は数人のチームを組んで作業をすることが多いので、メンバー間の連携はとても重要な要素です。
自分の作業をこなすことはもちろん重要ですが、「自ら情報の共有を行う」「チームとして不安なことがあれば確認する」といったことも、気配りのひとつとして意識頂けるようなメンバーと一緒に働きたいです。
私自身も、そのような環境づくりを意識して取り組んでいます。
―― 働くうえで大切にしていることは?
会話することです。
資料やメールなどの文章で物事を伝えようとしても、自分の伝えたいことが相手に確実に伝わっているとは限らないですし、表現によってはトゲのあるような文面になってしまうこともあります。
相手に自分の伝えたいことを確実に伝えるためにも、口頭の補足や電話でのフォローなどで会話することを私は大切にしています。
あと、たまに息抜きで雑談することも大切にしています。
―― どんな時に仕事のやりがいや喜びを感じますか?
私はプロジェクト単位で働く場合が多いので、一番はプロジェクトをクローズできたときです。
計画通りにクローズできたプロジェクトであれば、自信を得て次への活力になりますし、逆にトラブルや障害を乗り越えてクローズさせたプロジェクトであれば、格別の達成感を感じることができます。
プロジェクトで得られるものは多いですし、それだけやりがいもあるので、これからも多くのプロジェクトに関わっていこうと思います。
―― 5年後の自分をイメージしてみてください
正直わかりません。
クラウドやITの考え方が5年後どうなっているかは正直わからないので、そこに私がどのように関与しているかも今の時点でイメージするのは難しいです。
ただ、私がクラウドソリューションを立ち上げたように、NOKIOOは新たな取り組みを比較的賛同してくれやすい体質があるように感じています。
なので、時代の流れや浜松の地域柄を汲み取ったビジネスをNOKIOOとして展開して、チーム大桑として収益を上げられるようにはなりたいと思っています。