NEXT 10 YEARS 先輩社員の声

クリエイティブチーム 鳥居 良光

NOKIOOでの役割は?

開発系責任者としてNOKIOOの開発・制作を一手に担うクリエイティブチームのマネジメントを担当しています。具体的には、技術的な意思決定の支援や、チームが円滑に仕事を進めることができる環境を作ることが仕事です。

プレイヤーとしては、クライアントワークと自社サービスのディレクション・開発にウェブエンジニアとして携わっています。どちらかというと受託系よりも自社サービス系開発の比重が大きいです。サーバやインフラなどの設計管理保守も行っていますので総合すると、フルスタックエンジニアに近い役割です。

エンジニアとして具体的に取り組んでいる技術やテーマは何ですか?

「自社で既に持っているデータやノウハウを駆使して新たなサービスを作ること」が直近のテーマです。具体的には、既に社内にある検証済みのアイデアやデータを基にした処理の自動化やコミュニケーション支援などが候補として考えられ、これらを社内でまとめて再構築して「サービス化する」ことです。

アイデアやデータがあってもそれを具体的なサービスの形に落とし込めなければ意味がないので、きちんとそれを提案・実装できる社内のエンジニア・デザイナーの存在は必要不可欠です。

NOKIOOで一緒に働きたいエンジニアってどんな人?

新しいもの好きな方がいいです。昨今のエンジニアは、当たり前のように常に新しいことにチャレンジすること・スキルを磨くことが求められているのでそういったことを苦にせず楽しめる方と働きたいです。意思疎通がしっかりできれば社会人としての一般常識レベルはあまり問いません(笑)

欲を言うと、マネジメントは円滑に仕事を進めることができる環境を準備・段取りをするお世話役だと私は考えていて、上から逐一指示を待たずに自分で課題を見つけて解決しようとする姿勢がある方と一緒に働けたら嬉しいです。

働くうえで大切にしていることは?

何事も改善することを大切にしています。
通常業務の処理から、古くなってしまったシステムまで仕事をしていると改善できそうな箇所はいろいろと目に付きます。見て見ぬふりをすれば何事もないですが、明日の楽のために今日苦労しておくというのはエンジニアの考え方としてとても合理的です。結果として私以外のみなさんも楽できるのなら積極的に改善を試みるべきだと考えています。

もう一つ、エンジニアの仕事はいろんな方からの要望やアイデアから始まることが多いです。そのため、「気づき」や「直感」や「繋がり」という一見雑で感覚的な事柄を整理して、論理的・仕組み的な設計に落とし込んでいくことを意識しています。システムと言っても最終的には人が使うもの。ただシステムの中身を作れば良いだけではなく人が触れる部分(UI/UXなど)もまた大事であるということを肝に銘じています。

注目している技術やテーマは何ですか?

個人的に技術的なトレンドとしてAI、IoT方面の技術を追っています。特に製造業の多い浜松はIoTと相性の良い地域だと考えています。デバイスをインターネットに繋いでデータをクラウドに集めることが容易になったことで、数値の見える化がしやすくなりました。

AIは、ルールベースによる解決ではどうしても限界があった課題をディープラーニングによって限りなく正解に近い「何か」を引っ張ってくることが可能になった機械学習のブレイクスルーによって、IT業界を超えていろんな業種に大きな影響を与えています。既存のウェブのノウハウにプラスしてIoTとAIの技術を用いることで、ウェブの領域を超えたリアルな現場の課題解決にも活かせるのではないかと考えています。