NEXT 10 YEARS先輩社員の声

ON-MO事業部 マネージャー 中田 明子

―― NOKIOOでの役割は?
子育て期女性の社会参画支援事業「ON-MOプロジェクト」のアカウントマネージャーをしています。「女性活躍推進」「女性リーダー育成」「女性の就労支援」「子育て支援」などに関する数カ月単位のプロジェクトを自治体や企業へ企画立案し、イベント運営や情報発信、研修やセミナー開催を行っています。具体的には企画書の作成、プレゼン、運営管理、報告書作成という流れです。前職で管理部門にいた経験を活かし、これまでのやり方を効率化したり、標準化して仕事の難易度を下げたりなど、これまで個人の力で進めてきた仕事をチームで上手く回るような仕組みにするための改善も行っています。
――ノキオで一緒に働きたい人って、どんな人?
自分の基準が高い人、自主性がある人、でしょうか。「こうあるべき、こうありたい」という一段上の目標を持ち、そこに向かって自分を律し行動している人はとても魅力的に思います。また、人任せでなく自分の頭で考え、判断できる人。手取り足取りしなくても、ポイントを伝えれば、後は自分で判断して行動できる人だと働いていて心地よいです。一緒に近い未来に到達する次のステージの話をしてどんどん行動し、切磋琢磨できたらすごく楽しいですね。
―― 働くうえで大切にしていることは?
集中する、ということです。私はNOKIOO社員である時間は平日8時間と決めています。その時間内に最大の効果を上げるということが、私の会社に対する誠実な姿勢だと思っています。ですので、同じ結果を出すにもいかに効率化・省力化できるかということを常に考えます。集中することもその一つで、効率的な時間配分、集中力のコントロールなど研究に余念がないです(笑)NOKIOOで働くことは本当に楽しいですが、人生の全てではなく、自分の中のいくつかある要素のうちの一つだと思っています。NOKIOO社員ではない時間、別の立場の自分がいるからこそ、NOKIOOを俯瞰し、そこに新しい気付きと価値を与えることができると思っていますので、NOKIOO時間以外の自分を磨くこともまた、NOKIOOに対する誠実な姿勢だと思っています。
―― どんな時に仕事のやりがいや喜びを感じますか?
組織が小さいこと、そして成長にフォーカスしているからだと思うのですが、改善スピード、決定スピードがとにかく早いことが一番すがすがしいです。また、仕事に対して同じモチベーション、価値観、成長意欲を持った「話せる」相手がいること、自分が「女性であること」をいい意味で意識しなくていいこと、働く場所や時間について柔軟であること、などなど働く上での喜びは沢山あります。入社したばかりで、自分ではまだまだ会社に価値を与えられていないと感じていますが、「中田さんと話したおかげでいいアイディアが出た」などと言ってもらえることがあるのはとても嬉しく感じています。
―― 5年後の自分をイメージしてみてください
今とは比べ物にならない高いステージにいると思います。今と違うのは自分の「できること」に確信を持っていて、それを自在に操って沢山の人の役に立てるようになっていることでしょうか。5年前の自分をチラッと懐かしく感じつつ、意識はさらに次のステージに向かっていて、日々全力疾走していると思います。年々人生が楽しくなっているので、5年後も桁違いの楽しく刺激的な毎日を送ってるでしょうね。